きわもと泌尿器科クリニック

MENU

性病

こんな症状はありませんか?

  • 排尿時に痛みがある
  • 尿道がかゆい
  • 尿道から膿が出る
  • おりものの量が多い
  • 性器に小さなできものができている
  • 口・唇にイボができている
  • 全身に発疹ができている

など

このような症状をお感じでしたら、
お気軽に奈良市のきわもと泌尿器科クリニックへご相談ください。
泌尿器科専門医が詳しく検査して、
ベストと思われる治療方法をご提案させていただきます。

「受診しにくい…」と思わずにお気軽にご相談ください

「受診しにくい…」と思わずにお気軽にご相談ください

性感染症(STD)でお困りでも、「他人に相談しにくい」「性感染症になったことを責められるのでは…」とお考えになってなかなか受診できない方もおられるのではないでしょうか?

患者様とはあくまで医師として接しますので、「性病のことを相談するのは恥ずかしい」と思わずにお気軽にお越しください。
また、性感染症になった方へ「あなたに責任がある」などと責めたりもしません。
他の病気でお越しになられた方と同様に、丁寧に接して親身にお悩みを聞かせていただきます。

日本性感染症学会のガイドラインに基づいて治療します

性感染症の治療につきましては、日本性感染症学会のガイドラインに基づいて治療します。
性感染症に限らず、様々な病気に対して治療のガイドラインが設けられていますが、性感染症は特に公衆衛生上の問題からも、ガイドラインに基づいた治療を行うことが大事だと考えています。

最新のガイドラインに基づく治療

ガイドラインに基づく治療を行うと言っても、昔の治療方法の中には、今ではあまり効果が期待できないものもあります。
そのため常にアンテナを張って新しい知識・治療方法をキャッチし、最新のガイドラインに基づく治療が行える体制を整えています。

主な性感染症

淋病

「淋菌」に感染して起こる性感染症です。
排尿時痛、尿道のかゆみ、尿道から膿が出る、おりものが多いなどの症状が現れます。
1回の性行為での感染率が高く、クラミジア感染症に同時感染している場合も少なくありません。
また最近ではお薬が効かない耐性菌も増えているため、適切な治療を受けなければ完治させることが難しくなっています。

クラミジア感染症

「クラミジア・トラコマティス」という病原体が原因で起こる性感染症です。
性感染症のうち、最も感染者が多いとされています。
尿道のかゆみ、排尿時痛、尿道から膿が出るなどの症状が現れます。
感染しても症状に気づきにくいため、知らないうちにパートナーへうつしてしまう恐れがあります。

尖圭コンジローマ

「ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)」に感染して起こる性感染症です。
性器や肛門のまわり、また口・唇にイボができます。
痛みはありませんが、かゆみや軽い違和感を覚えるようになります。
軟膏の塗布や電気メスによる焼却などで治療します。

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、「単純ヘルペスウイルス1型」または「単純ヘルペスウイルス2型」が性器に感染して起こる性感染症です。
性器に小さな水泡がたくさんでき、痛みやかゆみなどが生じます。
一度感染するとウイルスを死滅させることができませんが、治療によって再発を防止することは可能です。

梅毒

「梅毒トレポネーマ」に感染して起こる性感染症です。
病気の進行に応じて第1~4期に分けられ、それぞれで現れる症状が異なります。
第1期には性器や口などに痛みをともなわないしこりができ、第2期には全身に小さな斑点が多数できます。

0742527580 TEL:0742-52-7580

前立腺疾患相談室

top

0742527580